統合サーバのコンポーネントをアップデートする

統合サーバでは、次のコンポーネントがアップデートされます。

  • スマートスキャンパターン:ウイルスバスター Corp.クライアントでは、統合サーバに検索クエリを送信し、スマートスキャンパターンに照らし合わせて潜在的脅威を検証します。

  • Webブロックリスト:Webレピュテーションポリシーの遵守対象となるウイルスバスター Corp.クライアントでは、統合サーバにWebレピュテーションクエリを送信し、Webブロックリストに照らし合わせてWeb サイトの評価を検証します。

これらのコンポーネントは手動でアップデートすることも、アップデートスケジュールを設定することもできます。統合サーバは、トレンドマイクロのアップデートサーバからコンポーネントをダウンロードします。

注:

IPv6シングルスタック統合サーバでは、トレンドマイクロのアップデートサーバから直接アップデートすることはできません。統合サーバがトレンドマイクロのアップデートサーバに接続するには、DeleGateなど、IPアドレスを変換できるデュアルスタックプロキシサーバが必要です。

詳細については、統合Smart Protection Serverの設定を参照してください。