情報漏えい対策テンプレート

情報漏えい対策テンプレートは、情報漏えい対策データ識別子と、条件文を形成する論理演算子 (および、または、除外) で構成されます。特定の条件文を満たすファイルやデータのみが情報漏えい対策ポリシーの対象となります。

たとえば、ファイルが「雇用契約」ポリシーの対象となるには、Microsoft Wordファイルであること (ファイル属性)、および特定の法律用語を含むこと (キーワード)、およびID番号を含むこと (パターン) が必要です。このポリシーにより人事担当者は、そのファイルをドメイン内の受信者に送信することができます。同じファイルをドメイン外の受信者に送信することはブロックされます。

データ識別子を設定すれば、独自のテンプレートを作成できます。

事前定義されたテンプレートを使用することもできます。詳細については、カスタマイズした情報漏えい対策テンプレートおよび事前定義済みの情報漏えい対策テンプレートを参照してください。

注: 情報漏えい対策ポリシーで使用されているテンプレートを削除することはできません。削除する前に、ポリシーからテンプレートを削除してください。