オブジェクトの除外を管理する

次のいずれかのタスクを実行して、オブジェクトの除外を管理します。

  • 検索フィルタを指定して、表示を制御したり、現在の除外を表示したりします。

    次の表は、[ソース] フィルタオプションを示しています。

    オプション

    説明

    すべて

    すべてのオブジェクトの除外を表示します。

    ローカル

    Deep Discovery Email Inspectorに手動で追加されたオブジェクトの除外を表示します。

    Apex Central

    Apex Centralと同期されたオブジェクトの除外を表示します。

    Webサービス

    HTTP Webサービスを介してインポートされたオブジェクトの除外を表示します。

    Deep Discovery Director

    Deep Discovery Directorと同期されたオブジェクトの除外を表示します。

    注:
    • Deep Discovery Email InspectorApex Centralに登録されている場合、Apex Centralはオブジェクトの除外を10分ごとにApex Centralと同期します。

    • Deep Discovery Email InspectorApex CentralとDeep Discovery Director 5.0以降の両方に登録されている場合、Deep Discovery Email Inspectorはオブジェクトの除外をDeep Discovery Directorと同期し、Apex Centralの既存のオブジェクトの除外を上書きします。

  • 安全と見なすオブジェクトを変更します。

    次の表は、オブジェクトの除外に対する処理を示しています。

    処理

    説明

    追加

    除外リストに新しいオブジェクトを追加します。オプションで、オブジェクトの除外についての備考を入力します。

    詳細については、オブジェクトの除外を追加するを参照してください。

    インポート

    インポートするCSVファイルを選択します。

    各行の形式を次に示します。

    <type>,<object>,[source],[notes]

    • <type> の値: IP address、Domain、URL、Files

    • <object> の値: IPアドレス、ドメイン、URL、またはSHA-1ハッシュ値

    • (オプション) [source] の値: "local"

    • (オプション) [notes]: 任意の形式の追加情報

    有効なCSVの例:

    • Links,www.example.com,local,顧客はこのWebサイトを参照できる

    • IP address,10.10.10.10,,人事部のアドレス

    • Files,3395856CE81F2B7382DEE72602F798B642F14140,local,CA証明書のSHA-1

    • Domain,example.com,,追加

    詳細については、オブジェクトの除外をインポートするを参照してください。

    削除

    選択したオブジェクトを削除します。

    すべて削除

    すべてのオブジェクトを削除します。

    エクスポート

    選択したオブジェクトをエクスポートします。

    すべてエクスポート

    除外リスト全体をCSVファイルにエクスポートします。