MTAイベントログのクエリを実行する

ネットワーク上のPostfixとSMTPの活動について、接続の詳細を参照できます。

注:

Deep Discovery Email Inspectorでは、それぞれ51200KBのログファイルが合計100件に達すると自動的にログが削除されます。最新10件のログに対してクエリを実行できます。

MTAイベントログのクエリを実行する

  1. [ログ] > [MTA] の順に選択します。
  2. ログのクエリを実行する時間範囲を指定します。
  3. [クエリ] をクリックします。

    時間の条件に合致するすべてのログが表に表示されます。

  4. 結果を表示します。

    フィールド

    説明

    タイムスタンプ

    イベントが発生した日付と時刻

    説明

    ログイベントの説明

    注:

    表示される時刻がローカル時間であっても、ログの並べ替えにはUTC 0時間が使用されます。

  5. 追加の処理を実行します。
    • [CSV形式でエクスポート] をクリックして、クエリ結果をCSVファイルに保存します。

    • 画面の最下部にあるパネルには、オブジェクトの合計数が表示されます。すべてのオブジェクトを同時に表示できない場合は、ページ区切りコントロールを使用して、ビューに表示されていないオブジェクトを表示します。