仮想アナライザによって検出された不審オブジェクトウィジェット

[仮想アナライザによって検出された不審オブジェクト] ウィジェットは、仮想アナライザで見つかった不審オブジェクトを表示します。不審オブジェクトとは、システムの危険または損害を引き起こす可能性があるオブジェクトです。仮想アナライザでは、不審なIPアドレス、ホスト名、ファイル、およびURLを検出して分析します。

このグラフは選択した期間に基づいて作成されています。Y軸は検出された不審オブジェクトの件数を示しています。X軸は期間を表しています。グラフ上の任意の場所にマウスカーソルを重ねると、高リスクメッセージの件数と期間が表示されます。

凡例の項目をクリックすると、そのメトリックに関連するデータが表示または非表示になります。

[不審オブジェクトの表示] をクリックすると、ネットワークに影響を及ぼす可能性のあるオブジェクトが表示されます。

ウィジェットの全般的なタスクについては、ウィジェットのタスクを参照してください。