通知SMTPサーバを設定する

Deep Discovery Email Inspectorは、SMTPサーバの設定を使用してアラート通知とレポートを送信します。

SMTPトラフィックの処理の詳細については、メール設定を参照してください。

  1. [管理] > [システム設定] > [SMTP] の順に選択します。
  2. [送信者のメールアドレス] を入力します。
  3. SMTPサーバの設定を指定します。

    オプション

    説明

    内部Postfixサーバ

    Deep Discovery Email Inspectorに埋め込まれたPostfixサーバをSMTPサーバとして使用する場合は、このオプションを選択します。

    注:

    内部PostfixはBCCモードおよびSPAN/TAPモードでの動作中は使用できません。

    外部SMTPサーバ

    Microsoft ExchangeなどのスタンドアロンSMTPサーバを指定する場合は、このオプションを選択します。

    サーバアドレス

    外部SMTPサーバのホスト名、IPv4アドレス、またはIPv6アドレスを入力します。

    ポート番号

    外部SMTPサーバのポート番号を入力します。

    接続のセキュリティ

    接続に必要な場合はセキュリティプロトコルを選択します。

    SMTPサーバの接続に認証を使用

    SMTPサーバの接続に認証が必要な場合は、このオプションを選択します。

    注:
    • ユーザ名とパスワードを正しく設定してください。認証試行の失敗が最大回数に達すると、外部SMTPサーバでDeep Discovery Email Inspectorからの接続が拒否されることがあります。

    • [接続テスト] をクリックすることで、Deep Discovery Email Inspectorから外部SMTPサーバへの接続は確認されますが、SMTPサーバ認証は検証されません。

    ユーザ名

    認証に使用するユーザ名を入力します。

    注:

    このオプションは、[SMTPサーバの接続に認証を使用] が選択されている場合のみ使用できます。

    パスワード

    認証に使用するパスワードを入力します。

    注:

    このオプションは、[SMTPサーバの接続に認証を使用] が選択されている場合のみ使用できます。

  4. [保存] をクリックします。
  5. (オプション) 外部SMTPサーバへの接続をテストするには、次の手順を実行します。
    1. [接続テスト] をクリックします。
    2. 受信者のメールアドレスを入力します。
    3. [OK] をクリックします。
      注:

      Deep Discovery Email Inspectorから受信者にテストメールメッセージは送信されません。