SPFを設定する

SPFを設定すると、メールメッセージを目的の受信者に配信する前に、送信者がドメインのメールメッセージの送信を許可されているかどうかをDeep Discovery Email Inspectorで判断できるようになります。

注:

非エッジMTAとして配置されているDeep Discovery Email Inspectorでは、HELO/EHLO ID検証を実行できません。

  1. [管理] > [送信者フィルタ/認証] > [SPF] の順に選択します。
  2. [SPF (Sender Policy Framework) を有効にする] を選択します。
  3. [HELO/EHLO ID] で、HELO/EHLOコマンドの送信者情報を確認する場合は [有効] を、そうでない場合は [無効] を選択します。
  4. 検証結果をメッセージヘッダに追加するには、[メールメッセージにX-Headerを挿入する] を選択します。
  5. 検証する送信者ドメインを指定します。すべての送信者ドメインからのメッセージについてSPFレコードを確認するには [すべて] を、そうでない場合は [送信者ドメインの指定] を選択し、次の手順を完了して送信者ドメインを検証リストに追加します。
    1. ドメインを入力します。
    2. [追加] をクリックします。
    注:
    • すべてのドメインのSPF検証を有効にすると、システムのパフォーマンスが低下する可能性があります。

    • リストからドメインを削除するには、エントリを選択して [削除] をクリックします。

  6. 検証結果に基づいて実行する処理を指定します。
    • バイパス: メッセージの処理が続行されます。

    • 一時的にブロック: メッセージが一時的にブロックされます。送信者は同じメッセージをDeep Discovery Email Inspectorに送信して、再度検証を実行できます。

    • 常にブロック: メッセージが常にブロックされます。送信者から新しいメッセージを受信すると、Deep Discovery Email Inspectorは再度検証を実行します。

  7. [保存] をクリックします。