Email Reputation Servicesを有効にする

Deep Discovery Email Inspectorのスパムメール対策にはEmail Reputation Services (ERS) テクノロジが使用されています。ERSテクノロジを使用することで、送信元のメール転送エージェント (MTA) のレピュテーションに基づいてスパムメールを判別します。ERSを有効にすると、すべての受信SMTPトラフィックをIPアドレスでチェックして、送信元のIPアドレスに問題がないかどうか、既知のスパムメール送信元としてブロックされたことがないかどうかを確認できます。

注:

Email Reputation Servicesが正常に機能するためには、受信SMTPトラフィックのすべてのアドレス変換が、トラフィックがDeep Discovery Email Inspectorを通過した後に実行される必要があります。受信SMTPトラフィックがDeep Discovery Email Inspectorに到達する前にNATまたはPATが実行されると、Deep Discovery Email Inspectorでは常にそのローカルアドレスが送信元のMTAとして処理されます。ERSは不審なMTAパブリックIPアドレスからの接続のみをブロックし、プライベートまたはローカルアドレスからの接続はブロックしません。

  1. [管理] > [送信者フィルタ/認証] > [メールレピュテーション] の順に選択します。
  2. [Email Reputation Servicesを有効にする] を選択します。
  3. https://ers.trendmicro.com/にアクセスしてメールレピュテーション管理コンソールにログオンし、グローバルスパムメール情報へのアクセス、レポートの表示、メールレピュテーション設定の管理、およびサービスの設定を実行します。