DKIM署名を設定する

Deep Discovery Email Inspectorでは、特定のドメインから送信するすべてのメッセージに使用するDKIM署名を追加または編集できます。

  1. [管理] > [送信者フィルタ/認証] > [DKIM署名] の順に選択します。
  2. 次のいずれかを実行します。
    • [追加] をクリックして新しい署名を追加します。

    • ドメインをクリックして署名を編集します。

  3. [DKIM署名を有効にする] を選択します。
  4. 一般設定を行います。
    表 1.

    フィールド

    説明

    ドメイン

    メッセージが送信されるドメインを入力します。たとえば、example.comや*.example.comのように入力します。

    SDID

    署名ドメインIDを入力します。たとえば、example.comのように入力します。

    署名するヘッダ

    署名するヘッダを1つ以上選択するか、カスタムヘッダを追加します。

    秘密鍵

    次のいずれかを選択します。

    • 既存の鍵のインポート: [選択] をクリックして、インポートする秘密鍵ファイルを指定します。

    • 生成: 鍵長を選択して、秘密鍵を生成します。

      注:

      設定を保存したら、生成された [DNS TXTレコード名] と [DNS TXTレコード値] を使用して、DNSサーバに鍵のペアを公開します。

  5. (オプション) 詳細設定を行います。
    表 2.

    フィールド

    説明

    ヘッダの正規化

    正規化のアルゴリズムを選択します。

    • Relaxed: 空白文字の置換やヘッダフィールド行の再ラッピングなど、一般的な変更が許可されます。

    • Simple: ヘッダの変更は許可されません。

    本文の正規化

    正規化のアルゴリズムを選択します。

    • Relaxed: 空白文字の置換など、一般的な変更が許可されます。

    • Simple: 本文の変更は許可されません。

    署名の有効期限

    署名の有効日数を入力します。

    本文の長さ

    メール本文に許可されるバイト数を入力します。

    AUID

    SDIDが責任を負うエージェントまたはユーザIDを入力します。

    サブドメインの除外

    DKIM署名から除外するサブドメインを入力し、<Enter> キーを押します。

  6. [保存] をクリックします。
    注:

    秘密鍵を生成するようにDeep Discovery Email Inspectorを指定する場合は、生成された [DNS TXTレコード名] と [DNS TXTレコード値] を使用して、DNSサーバに鍵のペアを公開します。