DKIM認証を設定する

Deep Discovery Email Inspectorは、受信メールメッセージ内のDKIM署名を検証し、署名の検証に失敗したメッセージに対して処理を適用します。メッセージのDKIM署名が検証に成功すると、そのメッセージは配信プロセスの次のステップに進みます。

  1. [管理] > [送信者フィルタ/認証] > [DKIM認証] の順に選択します。
  2. [DKIM (DomainKeys Identification Mail) 認証を有効にする] を選択します。
  3. 検証結果をメッセージヘッダに追加するには、[メールメッセージにX-Headerを挿入する] を選択します。
  4. 1つのメッセージで検証する署名の最大数を選択します。
    注:
    • 選択した最大数を超える署名がメッセージに含まれている場合、Deep Discovery Email InspectorはメッセージのDKIM認証プロセスを終了します。

    • 検証する署名の数を増やすと、処理の負荷が増大する可能性があります。

  5. 検証する送信者ドメインを指定します。すべての送信者ドメインからのメッセージ内のDKIM署名を検証するには [すべて] を、そうでない場合は [送信者ドメインの指定] を選択し、次の手順を完了して送信者ドメインを検証リストに追加します。
    1. ドメインを入力します。
    2. [追加] をクリックします。
    注:

    リストからドメインを削除するには、エントリを選択して [削除] をクリックします。

  6. 検証結果に基づいて実行する処理を指定します。
    • バイパス: メッセージの処理が続行されます。

    • 一時的にブロック: メッセージが一時的にブロックされます。送信者は同じメッセージをDeep Discovery Email Inspectorに送信して、再度検証を実行できます。

    • 常にブロック: メッセージが常にブロックされます。送信者から新しいメッセージを受信すると、Deep Discovery Email Inspectorは再度検証を実行します。

  7. [保存] をクリックします。