ローカルまたはネットワークフォルダからイメージをアップロードする

仮想アナライザは1~20GBのOVAファイルをサポートします。

注:

イメージが追加または削除された場合、またはインスタンスが変更された場合、仮想アナライザは分析を停止して、すべてのサンプルをキューに保持します。

Deep Discovery Email InspectorがDeep Discovery Directorに登録されていれば、イメージの配信を介してDeep Discovery DirectorからDeep Discovery Email Inspectorにイメージをインポートすることもできます。

  1. [管理] > [検索/分析] > [仮想アナライザ] > [概要] > [イメージ]の順に選択します。
  2. [インポート] をクリックします。

    [イメージのインポート] 画面が表示されます。

  3. [イメージ] フィールドに名前を指定します。
  4. このイメージのインスタンス数を指定します。
  5. イメージソースを選択して、適切な設定を行います。

ローカルまたはネットワークフォルダからイメージをアップロードする

次の手順は、ローカルまたはネットワークフォルダから仮想アナライザにイメージをアップロードする方法を示しています。イメージをアップロードする前に、コンピュータとDeep Discovery Email Inspectorの接続が確立されていることを確認します。[イメージ] 画面で、管理コンソールの [手順1] で接続ステータスを確認します。

  1. [ローカルまたはネットワークフォルダ] を選択します。
  2. 最大260文字/バイトでイメージの名前を指定します。
  3. [接続] をクリックします。
  4. 接続されたら、仮想アナライザイメージアップロードツールを使用してイメージをアップロードします。
    1. [イメージアップロードツールのダウンロード] をクリックします。
    2. ファイルVirtualAnalyzerImageImportTool.exeを開きます。
    3. Deep Discovery Email Inspectorの管理IPアドレスを指定します。
      注:

      Deep Discovery Email Inspectorの管理IPアドレスの設定の詳細については、ネットワークを設定するを参照してください。

    4. [参照] をクリックしてイメージファイルを選択します。
    5. [アップロード] をクリックします。

      次の場合にアップロードプロセスは停止します。

      • デバイスへの接続が中断された場合

      • メモリ割り当てが失敗した場合

      • Windowsのソケット初期化が失敗した場合

      • イメージファイルが壊れている場合

  5. アップロードが完了するまで待ちます。
    注:

    アップロード済みのイメージは、アップロード後ただちにサンドボックスインスタンスに配信されます。

HTTPまたはFTPサーバからイメージをアップロードする

次の手順は、HTTPまたはFTPサーバから仮想アナライザにイメージをアップロードする方法について示します。イメージの追加の詳細については、仮想アナライザのイメージをアップロードするを参照してください。

  1. [HTTPまたはFTPサーバ] を選択します。
  2. HTTPまたはFTPのURL設定を指定します。

    オプション

    説明

    URL

    HTTPまたはFTPのURLを指定します。

    例: ftp://custom_ftp:1080/tmp/test.ova

    ユーザ名

    (オプション)認証が必要な場合にユーザ名を指定します。

    パスワード

    (オプション)認証が必要な場合にパスワードを指定します。

    匿名ログイン

    (オプション)ユーザ名とパスワードを無効にして、匿名で認証する場合に選択します。

  3. [アップロード] をクリックします。
  4. 配信が完了するまで待ちます。
    注:

    仮想アナライザはインスタンスをただちに配信します。