Time-of-Clickプロテクションを設定する

[Time-of-Clickプロテクション] 画面で、Time-of-Clickプロテクションを有効にして各URL評価の処理を指定します。

  1. [管理] > [検索/分析] > [その他の設定] > [Time-of-Clickプロテクション] の順に選択します。
  2. [Time-of-Clickプロテクションを有効にする] を選択してこの機能を有効にし、メールメッセージ内の仮想アナライザが安全と見なすURLと未評価のURLを書き換えて、さらに分析を行います。
  3. (オプション) [すべての安全なURLを書き換える] を選択し、メールメッセージ内のWebレピュテーションサービスが安全と見なすURLも書き換えて、さらに分析を行います。
  4. 各URL評価の処理を指定します。
    表 1.

    フィールド

    説明

    リスク高

    危険なURLに対して実行する処理 ([許可][警告]、または [ブロック]) を選択します。初期設定の処理は [ブロック] です。

    リスク高のURLとは、不正、または脅威の既知の発信源であると確認されたページです。

    リスク中

    極めて不審なURLに対して実行する処理 ([許可][警告]、または [ブロック]) を選択します。初期設定の処理は [ブロック] です。

    リスク中のURLとは、不正、または脅威の発信源である可能性が疑われたページです。

    リスク低

    不審なURLに対して実行する処理 ([許可][警告]、または [ブロック]) を選択します。初期設定の処理は [警告] です。

    リスク低のURLとは、スパムメールに関連付けられている、または感染している可能性のあるページです。

    未評価

    未評価のURLに対して実行する処理 ([許可][警告]、または [ブロック]) を選択します。初期設定の処理は [警告] です。

    トレンドマイクロは積極的にURLの安全性をテストしていますが、ユーザが新しいWebサイトやあまり一般的でないWebサイトにアクセスすると、未評価のページに遭遇することがあります。未評価のページへのアクセスをブロックすると安全性は向上しますが、安全なページへのアクセスが妨げられることがあります。

  5. [保存] をクリックします。