Smart Protection

トレンドマイクロのSmart Protectionテクノロジは、ファイルレピュテーションサービスとWebレピュテーションサービスを提供する、次世代のクラウドベースの保護ソリューションです。Webレピュテーションサービスを統合することにより、Deep Discovery Email Inspectorでは、ユーザがアクセスしようとするWebサイトのレピュテーションデータを取得できます。Deep Discovery Email Inspectorは、詐欺サイトや脅威の既知の発信源であることがSmart Protectionテクノロジによって確認されたURLをログに記録し、レポートを生成するためにログをアップロードします。

Deep Discovery Email Inspectorは、Smart Protectionソースに接続してWebレピュテーションデータを取得します。

レピュテーションサービスは、Trend Micro Smart Protection NetworkとSmart Protection Serverによって提供されます。次の表では、2つのソースを比較します。

表 1. Smart Protectionソース

比較基準

Trend Micro Smart Protection Network

Smart Protection Server

目的

Smart Protectionテクノロジを統合するトレンドマイクロ製品にファイルレピュテーションサービスとWebレピュテーションサービスを提供する、グローバルなインターネットベースのインフラストラクチャです。

企業ネットワーク内にファイルレピュテーションサービスやWebレピュテーションサービスを配置して、効率を最適化します。

さらにSmart Protection Serverは次のものを提供します。

  • ソフトウェア安全性評価サービス

  • コミュニティファイルレピュテーション

  • Web検査サービス

  • Webレピュテーションサービス

  • 機械学習型検索エンジン

  • コミュニティドメイン/IPレピュテーションサービス

注:

動的なURL検索サービスは、Smart Protection Networkでのみ使用できます。

管理

トレンドマイクロがホストおよび管理します。

トレンドマイクロ製品の管理者がインストールおよび管理します。

接続プロトコル

HTTP

HTTPおよびHTTPS

使用方法

Smart Protection Serverをインストールしない場合に使用します。

Trend Micro Smart Protection Networkをソースとして設定する方法については、Smart Protectionを設定するを参照してください。

プライマリソースとして使用し、Trend Micro Smart Protection Networkを代替ソースとして使用します。

Smart Protection Serverの導入時の設定方法や、ソースとしての設定方法については、Smart Protection Serverを設定するおよびSmart Protectionを設定するを参照してください。