メールメッセージのサンプルを手動で送信する

EMLまたはMSG形式の不審なメールメッセージのサンプルをDeep Discovery Email Inspectorに送信して分析できます。

  1. [管理] > [検索/分析] > [その他の設定] > [メールのサブミット] の順に選択します。

    [メールのサブミット] 画面が表示されます。

  2. 次のいずれかを実行します。
    • [選択] をクリックして、アップロードする.emlまたは.msgファイルを指定します。

    • パネル領域に.emlまたは.msgファイルをドラッグアンドドロップします。

    管理コンソールの [メッセージの詳細] セクションに次の情報が表示されます。

    表 1.

    フィールド

    説明

    メッセージID

    一意のメッセージIDを表示します。

    メールヘッダ (From)

    メールヘッダの作成者のメールアドレスを表示します。

    メールヘッダ (To)

    メールヘッダのプライマリ受信者のメールアドレスを表示します。

    メールの件名

    不審メールメッセージの件名を表示します。

    メッセージ本文

    メールメッセージの本文 (最大長4K) を表示します。

    ポリシー

    一致するポリシーとルールを表示します。

    Deep Discovery Email Inspectorでのポリシーの一致方法の詳細については、ポリシーの一致およびポリシー分割を参照してください。

  3. [送信する] をクリックします。

    [メールのサブミットログ] 画面で送信結果を確認できます。

    詳細については、メールのサブミットログにクエリを実行するを参照してください。