ファームウェアをアップグレードする

トレンドマイクロでは、報告された既知の問題に対する新しいファームウェアバージョン、または製品に適用するアップグレードを不定期にリリースしています。使用可能なファームウェアバージョンについては、https://appweb.trendmicro.com/ecs/Default.aspxを参照してください。

ファームウェアをアップグレードすることで、新しいセキュリティ機能が利用可能になったとき、または機能強化されたときに、Deep Discovery Email Inspectorからそれらの機能に確実にアクセスできるようになります。

Deep Discovery Email Inspectorでファームウェアをアップグレードするには、次のいずれかの方法を使用します。

  • Deep Discovery Email Inspector管理コンソール

  • Deep Discovery Directorからの計画配信。詳細については、Deep Discovery Directorのドキュメントを参照してください。

注:

続行する前に、すべての管理コンソールタスクを完了していることを確認してください。アップグレードプロセスには時間がかかり、Deep Discovery Email Inspector 3.6または3.5からDeep Discovery Email Inspector 5.0へのアップグレードには1時間以上かかることがあります。ピーク時間外の時間帯にアップグレードを開始することをお勧めします。アップデートをインストールすると、Deep Discovery Email Inspectorが再起動されます。

  1. 設定をバックアップします。

    設定のバックアップと復元

  2. ファームウェアイメージを入手します。
  3. このイメージをコンピュータの任意のフォルダに保存します。
  4. [管理] > [製品のアップデート] > [ファームウェア] の順に選択します。
  5. [ソフトウェアのバージョン] の横で、ファームウェアのバージョンを確認します。
  6. アップグレード用のファームウェアパッケージを参照します。
  7. [インストール] をクリックします。
    ヒント:

    コマンドラインインタフェースからインストール処理の進捗が確認できます。

    インストールが完了すると、Deep Discovery Email Inspectorが自動的に再起動され、コマンドラインインタフェースが表示されます。

  8. 次のインストール後の手順を実行します。
    • ブラウザのキャッシュをクリアします。
    • Webコンソールにログオンします。
    • プロキシサーバ経由でインターネットに接続する内部仮想アナライザをDeep Discovery Email Inspectorで使用している場合は、内部仮想アナライザのプロキシを再設定します。