脅威インテリジェンスの共有を設定する

  1. Deep Discovery Email Inspector管理コンソールで、[管理] > [統合製品/サービス] > [脅威インテリジェンスの共有] の順に選択します。
  2. [[脅威インテリジェンスの共有] を有効にすると、統合製品/サービスでDeep Discovery Email Inspectorの情報を取得できるようになります] を選択します。
  3. [条件] で、脅威インテリジェンスのデータファイルに含めるオブジェクトのリスクレベルを選択します。
  4. (オプション) 初期設定で、脅威インテリジェンスのデータはHTTPS Webサービス経由で共有されます。HTTP Webサービスを有効にしてデータを共有することもできます。[サーバ設定][HTTPを使用して情報を共有 (HTTPSに追加)] を選択して、HTTPポート番号を指定します。
  5. (オプション) [予約設定] で、[予約ファイルを生成][有効] を選択してスケジュールを設定します。
  6. [保存] をクリックします。
  7. [生成] をクリックします。
    注:

    ファイルが生成されたら、URLをクリックし、脅威インテリジェンスのデータファイルをダウンロードして内容を確認できます。

  8. Blue Coat ProxySGデバイスなどの統合製品/サービスを設定して、Deep Discovery Email Inspectorから脅威インテリジェンスのデータを取得します。詳細については、統合製品/サービスのドキュメントを参照してください。