サービスプロバイダのメタデータと証明書

Deep Discovery Email Inspectorからサービスプロバイダメタデータを取得して、IDプロバイダに提供します。

[SAML認証] 画面の [サービスプロバイダ] セクションに、次のサービスプロバイダ情報が表示されます。

  • エンティティID: サービスプロバイダのアプリケーションを識別します。

  • シングルサインオンURL: SAMLアサーションの受信と解析を行うエンドポイントURLです (「Assertion Consumer Service」と呼ばれることもあります)。

  • シングルサインアウトURL: SAMLログアウトプロセスを開始するエンドポイントURLです。

  • 証明書: X.509形式の暗号化証明書 (検証証明書) です。

[サービスプロバイダ] セクションでは、次の項目をクリックできます。

  • メタデータのダウンロード: Deep Discovery Email Inspectorのメタデータファイルをダウンロードします。メタデータファイルは、Active Directoryフェデレーションサービス (AD FS) のIDプロバイダにインポートできます。

  • 証明書のダウンロード: Deep Discovery Email Inspectorの証明書ファイルをダウンロードします。証明書ファイルは、OktaのIDプロバイダにインポートできます。

  • 証明書の更新: 新しい証明書をDeep Discovery Email Inspectorにアップロードします。

    Deep Discovery Email Inspectorでは、X.509 PEM形式の証明書がサポートされます。