Trend Micro TippingPoint Security Management System (SMS) の設定

  1. Deep Discovery Email Inspector管理コンソールで、[管理] > [統合製品/サービス] > [補助製品/サービス] の順に選択します。
  2. [Trend Micro TippingPoint Security Management System (SMS)] を選択します。
  3. [オブジェクトの配信][有効] を選択します。
  4. [サーバ設定] で次の情報を入力します。
    • サーバ名

      注:

      サーバ名は、補助製品の完全修飾ドメイン名またはIPv4アドレスである必要があります。

    • ユーザ名: 既存の認証情報

    • パスワード: 既存の認証情報

    表 1. 有効な文字セット
     

    ユーザ名

    パスワード

    最小文字数

    1文字

    1文字

    最大文字数

    15文字

    15文字

  5. (オプション) [接続テスト] をクリックします。
  6. Deep Discovery Email Inspectorからこの製品/サービスにオブジェクト情報を送信するには、次の条件を設定します。
    • オブジェクトの種類:

      • 不審オブジェクト

        • IPv4アドレス

        • ドメイン

        注:

        オブジェクトを少なくとも1つ選択する必要があります。

    • リスクレベル:

      • 高のみ

      • 高および中

      • 高、中、および低

  7. [保存] をクリックします。

    次の表は、Deep Discovery Email Inspectorのデータ列とTippingPointのレピュテーションデータベースのタグのカテゴリとのマッピングを示しています。

    表 2. レピュテーションデータベースに追加されるタグのカテゴリ

    タグのカテゴリ

    製品名

    Trend Micro Publisher

    アプライアンスのホスト名

    Trend Micro Source

    オブジェクトの種類

    Trend Micro Detection Category

    リスクレベル

    Trend Micro Severity

  8. (オプション) 配信された不審オブジェクトをTippingPoint SMSで表示するには、次の手順を実行します。
    1. [Profile] タブで [Reputation Database] > [Search] の順に選択します。
    2. [Entry Criteria] 画面で検索パラメータを入力し、[Search] をクリックします。

    Deep Discovery Email Inspectorから配信された不審オブジェクトが表示されます。