Email Encryption

Email Encryptionにより、Deep Discovery Email InspectorトレンドマイクロのIDベース暗号化 (IBE) を使用してメッセージを暗号化します。たとえば、暗号化および復号を行うドメインとしてa.comが登録されており、 user1@a.comが個人情報を含むメッセージをuser2@b.comに送信する場合、Deep Discovery Email Inspectoruser2@b.comに送信されるメッセージを暗号化します。個人情報を含むメッセージを暗号化するようにポリシールールを設定できます。

注:

日本語版ではEmail Encryption機能をご利用いただけません。

ヒント:

Email Encryptionを使用する場合、システム時間をNTPサーバと同期して標準の日時データを確認するようDeep Discovery Email Inspectorを設定しておくことをお勧めします。

注:

Deep Discovery Email InspectorをDeep Discovery Director 5.1以降に登録すると、Deep Discovery DirectorによってEmail Encryptionの設定の一元管理が行われます。登録されたDeep Discovery Email Inspectorは、登録済みメールドメインを含むEmail Encryptionの設定をDeep Discovery Directorから取得し、管理コンソールでの手動による設定を防止します。

重要:

Email Encryptionが有効な場合、Deep Discovery Email Inspectorが暗号化および復号するメールメッセージの数によってはシステムのパフォーマンスが低下することがあります。組織に大量のメールメッセージが存在する場合は、次のことをお勧めします。

  • コンテンツフィルタルールを使用してポリシーを設定し、特定の送信メールメッセージを暗号化する

  • メールの暗号化および復号を行う専用のDeep Discovery Email Inspectorアプライアンスを設定する

パフォーマンスに応じたサイズの設定については、トレンドマイクロのテクニカルサポートにお問い合わせください。

Deep Discovery Email InspectorでEmail Encryptionを設定するには、次の操作を実行します。

  1. Trend Micro Email Encryptionサーバにドメインを1つ以上登録します。

    詳細については、Email Encryptionのドメインを登録するを参照してください。

  2. メッセージ署名のための初期設定の送信者アドレスを設定します。

    詳細については、メッセージ署名のための初期設定のメールIDを設定するを参照してください。

  3. (オプション) Email Encryptionの除外を設定します。

    詳細については、Email Encryptionの除外を設定するを参照してください。

  4. [メッセージの暗号化] 処理を指定して、コンテンツフィルタルールまたは情報漏えい対策ルールを設定します。

    詳細については、コンテンツフィルタルールを設定するおよび情報漏えい対策ルールを設定するを参照してください。