Deep Discovery Directorに登録する

次の手順は、Deep Discovery Directorへの登録方法を示しています。すでに登録しているDeep Discovery製品の接続設定を変更するには、まず登録解除する必要があります。

  1. [管理] > [統合製品/サービス] > [Deep Discovery Director] の順に選択します。
  2. [接続設定] を設定します。

    オプション

    説明

    サーバアドレス

    Deep Discovery Directorのサーバアドレスを入力します。

    ポート

    Deep Discovery Directorサーバのポート番号を入力します。

    初期設定のポート番号は443です。

    APIキー

    Deep Discovery DirectorのAPIキーを入力します。

    注:

    この情報はDeep Discovery Directorの管理コンソールの [ヘルプ] 画面で確認できます。

  3. (オプション) Deep Discovery Email Inspectorに設定したプロキシ設定をDeep Discovery Directorとの接続に使用する場合は、[プロキシサーバを使用して接続する] を選択します。
    注:

    この設定は、Deep Discovery Directorへの登録後に変更できます。

    この設定をDeep Discovery Directorから登録解除せずに更新するには、[設定のアップデート] をクリックします。

  4. [登録] をクリックします。

    [ステータス][登録済み | 接続] に変更されます。

    注:

    Deep Discovery Directorのフィンガープリントを変更すると、接続が中断され、[信頼する] ボタンが表示されます。接続を回復させるには、Deep Discovery Directorのフィンガープリントが有効であることを確認してから [信頼する] をクリックします。

    登録が完了したら、[接続テスト] ボタンが表示されます。[接続テスト] クリックして、Deep Discovery Directorへの接続をテストします。

    重要:

    Deep Discovery Directorを統合して仮想アナライザイメージを配信するには、追加のディスク容量が必要です。Deep Discovery Email InspectorをDeep Discovery Director 5.0以降に登録したら、空きディスク容量の合計が20%未満になった場合はログを削除するようにDeep Discovery Email Inspectorを設定します。

    詳細については、ストレージ管理を設定するを参照してください。