エンドユーザメール隔離

Deep Discovery Email Inspectorには、スパムメールの管理を強化するエンドユーザメール隔離 (EUQ) 機能があります。スパムメールと判定されたメッセージは隔離されるため、エンドユーザがメッセージを再確認して、削除、隔離解除、または配信を許可することができます。インライン処理リンクを含むエンドユーザメール隔離通知を自動的に送信するようにDeep Discovery Email Inspectorを設定できます。Webベースのエンドユーザメール隔離管理コンソールを使用することで、ユーザは各自の個人アカウントおよび、自分が所属する配布リストのスパムメールの隔離方法を管理したり、送信者を承認済み送信者リストに追加したりできます。

隔離ストレージを管理するには、手動でデータを削除したり、自動データ削除のしきい値を設定したりできます。

詳細については、ストレージ管理を設定するを参照してください。

注:

Deep Discovery Email InspectorをDeep Discovery Director 5.0以降に登録すると、Deep Discovery Directorによってエンドユーザメール隔離設定の一元管理が行われます。登録に成功したDeep Discovery Email Inspectorでは、次の処理が行われます。

  • エンドユーザメール隔離の設定をDeep Discovery Directorから取得し、管理コンソールでの手動による設定を防止する

  • エンドユーザメール隔離通知の送信を停止する

  • エンドユーザメール隔離コンソールのアクセスを無効にする