SAMLグループを設定する

Deep Discovery Email InspectorでSAMLグループを設定して、IDプロバイダのユーザグループにマッピングします。

  1. [管理] > [アカウント/連絡先] > [SAML] の順に選択します。
  2. 次のいずれかを実行します。
    • [追加] をクリックしてSAMLグループを作成します。

    • SAMLグループの名前をクリックして設定を行います。

  3. ステータスオプションを選択して、SAMLグループを有効または無効にします。
  4. クレーム値を入力します。
    重要:

    クレーム値は、IDプロバイダによって送信される応答内でユーザの役割を識別します。IDプロバイダのユーザグループとDeep Discovery Email Inspectorには、同じクレーム値を指定してください。

  5. (オプション) SAMLグループの説明を入力します。
  6. SAMLグループの役割および関連付けられた権限を選択します。
    • 管理者: 送信されたオブジェクト、分析結果、および製品設定にフルアクセスできます。

    • 調査者: 送信されたオブジェクト、分析結果、および製品設定に読み取り専用でアクセスできますが、オブジェクトの送信と調査パッケージのダウンロードが可能です (送信されたオブジェクトを含む)。

    • オペレータ: 送信されたオブジェクト、分析結果、および製品設定に読み取り専用でアクセスできます。

    • エンドユーザメール隔離: エンドユーザメール隔離コンソールにのみフルアクセスできます。

  7. [保存] をクリックします。