アカウントを管理する

Deep Discovery Email Inspectorには初期設定の管理者アカウント ("admin") があり、このアカウントには管理上の完全なアクセス権があります。

初期設定の管理者アカウントは、次のタスクを実行できます。

  • 新しい管理者アカウントを追加する

  • アカウントをロックまたはロック解除する

管理者の役割を割り当てられたアカウントは、追加のアカウントを作成し、そのアカウントに管理者またはオペレータの役割を割り当てることができます。管理者はタスクを別の管理者およびオペレータに委任して、Deep Discovery Email Inspectorの管理におけるボトルネックを削減できます。

管理者アカウントでは、既存のアカウントを編集または削除することもできます。

アカウントの役割の分類

役割

説明

管理者

メニュー項目に含まれるすべての機能と設定にアクセスできます。

  • [ダッシュボード]

  • [検出]

  • [ポリシー]

  • [アラート/レポート]

  • [ログ]

  • [管理]

  • [ヘルプ]

調査者

メニュー項目に含まれる特定の機能と設定を表示できますが、管理に関する修正はできません。

  • [ダッシュボード]

  • [検出]

  • [アラート/レポート] > [レポート] > [生成されたレポート]

  • [アラート/レポート] > [アラート] > [実行されたアラート]

  • [ログ]

  • [ヘルプ]

オペレータ

メニュー項目に含まれる特定の機能と設定を表示できますが、管理に関する修正はできません。

  • [ダッシュボード]

  • [検出] (メッセージ本文へのアクセスなし)

  • [アラート/レポート] > [レポート] > [生成されたレポート]

  • [アラート/レポート] > [アラート] > [実行されたアラート]

  • [ログ]

  • [ヘルプ]

ローカルユーザアカウントを追加する

  1. [管理] > [アカウント/連絡先] > [アカウント] の順に選択します。
  2. [追加] をクリックします。

    [アカウントの追加] 画面が表示されます。

  3. このアカウントの [ステータス] を切り替えます。
  4. [種類] ドロップダウンリストから [ローカルユーザ] を選択します。
  5. アカウントユーザ名とパスワードを指定します。
  6. アカウントの [役割] を選択します。役割はアカウントのアクセスレベルを決定します。

    アカウントの役割の分類を参照してください。

  7. [保存] をクリックします。

    新しいアカウントが [アカウント] リストに追加されます。

Active Directoryのユーザアカウントまたはグループを追加する

注:

Active Directoryのユーザアカウントまたはグループを追加する前に、Microsoft Active Directoryを設定する必要があります。

詳細については、LDAPを参照してください。

  1. [管理] > [アカウント/連絡先] > [アカウント] の順に選択します。
  2. [追加] をクリックします。

    [アカウントの追加] 画面が表示されます。

  3. このアカウントの [ステータス] を切り替えます。
  4. アカウントの [種類][LDAPユーザまたはグループ] を選択します。
  5. ユーザまたはグループの名前を入力して [検索] をクリックし、LDAPサーバの一致するユーザアカウントまたはグループを検索します。

    一致するユーザアカウントとグループが結果に表示されます。

    注:

    ユーザアカウントが表示されない場合は、次の理由が考えられます。

    • ユーザアカウントのユーザプリンシパル名 (UPN) がLDAPサーバで指定されていない

    • ユーザアカウントがLDAPサーバで無効になっている

  6. 追加するLDAPのユーザアカウントまたはグループを選択します。
  7. アカウントの [役割] を選択します。役割はアカウントのアクセスレベルを決定します。

    アカウントの役割の分類を参照してください。

  8. [保存] をクリックします。

    新しいアカウントが [アカウント] リストに追加されます。

アカウントを編集する

アカウントの権限を変更して、役割の見直しやその他の組織的変更に応じて設定を調整します。

  1. [管理] > [アカウント/連絡先] > [アカウント] の順に選択します。
  2. アカウント名をクリックします。
  3. 必要な変更を行います。
  4. [保存] をクリックします。

アカウントを削除する

アカウントを削除して、役割の見直しやその他の組織的変更に応じて設定を調整します。

注:

削除できるのはカスタムアカウントのみです。Deep Discovery Email Inspectorの初期設定の管理者アカウントは削除できません。

  1. [管理] > [アカウント/連絡先] > [アカウント] の順に選択します。
  2. 削除するアカウントを選択します。
  3. [削除] をクリックします。
  4. 確認メッセージが表示されたら、[OK] をクリックして続行します。

ロックされたアカウントをロック解除する

Deep Discovery Email Inspectorでは、ログオンに5回失敗したアカウントを自動的にロックします。管理者アカウントを使用して、アカウントを手動でロック解除できます。

注:

アカウントがロックされた場合、ユーザは10分経過すれば再度ログインできるようになります。アカウントのロックはDeep Discovery Email Inspectorによって解除されます。10分経過してもユーザが再度ログインしなければ、アカウントはロックされたままになります。

  1. [管理] > [アカウント/連絡先] > [アカウント] の順に選択します。
  2. ロックされたアカウントを選択します。
  3. [ロック解除] をクリックします。