非監視対象と監視対象の定義

[チャネル] タブで設定された転送範囲に基づいて、非監視対象と監視対象を定義します。

監視対象と非監視対象を定義するときには、次の方針に従って進めます。

  1. 次を基準にして、対象を定義します。

    • IPアドレス

    • ホスト名

    • FQDN

    • ネットワークアドレスとサブネットマスク (例: 10.1.1.1/32)

    注:

    サブネットマスクについては、ウイルスバスター Corp.ではClassless Inter-Domain Routing (CIDR) タイプのポートのみがサポートされています。つまり、「255.255.255.0」ではなく「32」のような数字しか入力できません。

  2. 特定のチャネルを送信先に指定する場合は、対象チャネルの初期設定のポート番号、または会社で定義されたポート番号を含めます。たとえば、ポート21は一般にFTPトラフィック用、ポート80はHTTP用、およびポート443はHTTPS用です。送信先とポート番号はコロンで区切ってください。

  3. ポートの範囲を含めることもできます。すべてのポートを含めるには、ポートの範囲は無視してください。

    ポート番号とポート範囲を使った対象の例は次のとおりです。

    • 10.1.1.1:80

    • host:5-20

    • host.domain.com:20

    • 10.1.1.1/32:20

  4. 複数の対象はカンマで区切ります。