ネットワークのウイルス/不正プログラム情報

ネットワークトラフィックで検出されたウイルスのインスタンスに関する具体的な情報が表示されます。例: ウイルスを検出した管理下の製品、ネットワークへの侵入にウイルスが使用したプロトコル、ウイルスの感染元および感染先に関する具体的な情報

表 1. ネットワークのウイルス/不正プログラム情報データビュー

データ

説明

受信

管理下の製品からControl Managerがデータを受信した時間が表示されます。

生成

管理下の製品がデータを生成した時間が表示されます。

製品のエンティティ/エンドポイント

このデータ列には、次の情報のいずれかが表示されます。

  • 管理下の製品のエンティティ表示名。Control Managerでは、管理下の製品のエンティティ表示名を使用して、管理下の製品を識別します。

  • クライアント (ウイルスバスター コーポレートエディションクライアントなど) がインストールされたコンピュータのIPアドレスまたはホスト名。

製品

管理下の製品の名前が表示されます。

例: ウイルスバスター コーポレートエディション、InterScan for Microsoft Exchange

ウイルス/不正プログラム

管理下の製品が検出したウイルスの名前が表示されます。

例: NIMDA、BLASTER、I_LOVE_YOU.EXE

エンドポイント

ウイルスに感染したコンピュータのIPアドレス/ホスト名が表示されます。

感染元ホスト

ウイルスの感染元ソースのIPアドレスまたはホスト名が表示されます。

ユーザ (アカウント)

管理下の製品によってウイルスが検出されたとき、エンドポイントコンピュータにログオンしていたユーザの名前が表示されます。

トラフィック/接続

ウイルスの侵入方向が表示されます。

プロトコル

ネットワークへの侵入にウイルスが使用したプロトコルが表示されます。

例: HTTP、SMTP、FTP

エンドポイントコンピュータ

ウイルスに感染したコンピュータのコンピュータ名が表示されます。

エンドポイントポート

ウイルスに感染したコンピュータのポート番号が表示されます。

エンドポイントMAC

ウイルスに感染したコンピュータのMACアドレスが表示されます。

感染元ソース

ウイルスの感染元ソースのコンピュータ名が表示されます。

感染元ポート

ウイルスの感染元ソースのポート番号が表示されます。

感染元MAC

ウイルスの感染元ソースのMACアドレスが表示されます。

ファイル

管理下の製品が検出した、ウイルスに感染したファイルの名前が表示されます。

結果

ウイルスに対して管理下の製品が実行したアクションの結果が表示されます。例: 成功、処理が必要

処理

ウイルスに対して管理下の製品が実行したアクションの種類が表示されます。例: ファイルはウイルス駆除されました、ファイルは隔離されました、ファイルは削除されました

検出数

管理下の製品が検出したウイルスの総数が表示されます。

例: ウイルスバスター コーポレートエディションで、1台のコンピュータで同じウイルスのインスタンスが10件検出されました。

この場合、[検出数] は「10」になります。