隔離の概要

次の図と表は、隔離の管理で使用可能なオプションについて説明しています。

項目

説明

1

クエリを実行する特定の組織

2

クエリを実行する組織、サービス、隔離のファセット

3

クエリを実行する隔離のファセット

4

クエリを実行するデータ範囲

5

隔離項目の検索結果

6

選択した隔離項目に対する処理

7

重要:

これは「プレリリース版」の機能であり、公式リリースとは見なされません。この機能を使用する前に、プレリリースに関する免責事項を確認してください。

この設定は、現在の組織についてGmailのサービスアカウントの準備が完了している場合にのみ利用できます。

[設定]をクリックすると、[隔離設定] 画面が表示されるので、隔離したメールメッセージを保存するメールボックスを指定します。指定したら、[保存] をクリックします。

注:

指定したメールアドレスに組織内の関連するメールボックスが存在していることと、Cloud App Securityに読み取り専用、変更、およびフルアクセスのスコープを付与していることを確認します。[確認] をクリックすると、指定したメールアドレスが有効かどうかを確認できます。