Dropboxサービスアカウントを準備する

Dropbox用サービスアカウントを準備して、Dropboxに保存されているファイルをCloud App Securityで検索できるようにします。Cloud App Securityはこのサービスアカウントを使用して、Dropboxに保存されているファイルに対して高度な脅威対策や情報漏えい対策の検索を実行します。

注:

Cloud App Securityは、すべてのDropboxフォルダ内のファイルを検索します。ただし、チームフォルダは除きます。

次の手順では、[ダッシュボード] からDropbox用サービスアカウントを準備する方法について説明します。

  1. Cloud App Security管理コンソールにログインします。
  2. [Dropbox] の上にマウスを重ね、[準備] をクリックします。

    [Dropboxのサービスアカウントの準備] 画面が表示されます。

  3. [ここをクリック] をクリックします。

    Dropboxのログイン画面が表示されます。

  4. Dropboxのチーム管理者の認証情報を入力して、[ログイン] をクリックします。

    Dropboxの認証画面が表示されます。

  5. [許可] をクリックします。
  6. 指示に従ってCloud App Security管理コンソールに戻り、[完了] をクリックします。

    Cloud App Securityにより、ユーザID、ユーザ名、ユーザのメールアドレス、グループID、およびグループ名など、Dropboxのユーザおよびグループの情報が同期されます。情報の取得にかかる時間は、Dropboxに登録しているユーザやグループの数によって異なります。

    Cloud App Securityにより、Dropbox管理者のルートディレクトリに隔離フォルダ (trendmicro_cas_quarantine__dont_change_or_delete) と一時フォルダ (trendmicro_cas_temp__dont_change_or_delete) が作成されます。隔離フォルダにアクセスできるのは管理者だけですが、一時フォルダはすべてのユーザが編集可能です。

    注:

    隔離フォルダ内のファイルの名前はCloud App Securityによって変更されます。ファイル名の先頭に、Cloud App Securityによって生成されたランダムな一意の文字列RANDOM_UUIDが追加されます。たとえば、some_file.docecdd6cc3-58d4-42a4-831a-e39bcbc1c8d5_some_file.docのように変更されます。

    一時フォルダには、隔離フォルダに移動する前の隔離ファイルが保存されたり、元の場所に戻す前の復元ファイルが保存されたりします。

  7. 管理コンソールの右上隅にあるベルアイコンの上にマウスを重ねます。

    [通知] 画面に「Dropboxは保護されています。」というメッセージが表示されたら、アカウントの準備は終了です。

    注:

    不要な通知を送信しないようにするには、すべてのユーザが同期リストから一時フォルダ (trendmicro_cas_temp__dont_change_or_delete) を除外する必要があります。次の手順を実行します。

    1. デスクトップでDropboxのトレイアイコンをクリックします。

    2. 設定アイコンをクリックし、[基本設定] を選択します。

    3. [アカウント] タブをクリックして、[選択型同期] をクリックします。

    4. 一時フォルダ (trendmicro_cas_temp__dont_change_or_delete) のチェックボックスをオフにします。