開始ウィザードの使用

Cloud App Security管理コンソールに初めてログオンする場合は、迅速な設定によってサービスが使用できるよう、[ダッシュボード] に開始ウィザードが表示されます。

  1. [サービスアカウントの準備] セクションで [サービスアカウントの追加] をクリックし、[サービスアカウント] 画面を開きます。

    Cloud App Securityで保護する各クラウドアプリケーションまたはサービスのサービスアカウントを準備できます。

  2. [ポリシーの設定] セクションで [高度な脅威対策に移動] または [情報漏えい対策に移動] をクリックし、ポリシー設定画面を開きます。

    Cloud App Securityのポリシーを作成してクラウドアプリケーションまたはサービスの対象を検索し、さまざまなセキュリティ上の脅威や不正な機密データの転送から保護できます。

  3. [その他の機能] セクションで [オンラインヘルプの表示] をクリックし、Cloud App Securityのオンラインヘルプを開きます。

    ダッシュボード、ログ、隔離、および運用管理など、Cloud App Securityで使用できる機能について詳細を確認できます。

  4. (オプション) 右上にある閉じるボタンをクリックし、ウィザードを非表示にします。
    注:

    再度ウィザードを起動するには、画面の右上隅にある疑問符アイコンをクリックして、ドロップダウンリストから [開始ウィザード] を選択します。このオプションは [ダッシュボード] 画面でのみ機能します。