RMSアカウント

Rights Management Services (RMS) アカウントは、Office 365サービスで共有されているAzure RMSで保護されたファイルにアクセスするために必要なアカウントです。Azure RMSは組織の機密情報を不正アクセスから守り、その使用方法を制御します。ファイルのアクセス制限はWindows Azure Active Directoryサービスを使用して行われます。

注:

このリリースでは、RMS機能はSharePoint Online、OneDrive、およびMicrosoft Teams (Teams) に適用されます。

SharePoint Online、OneDrive、またはMicrosoft Teamsのサービスアカウントを準備した後、Cloud App SecurityはRMSアカウントを使用してテナントキーを取得し、SharePointまたはOneDriveのリストあるいはライブラリに含まれるRMSで保護されたファイルにアクセスします。その後、ユーザが対象ファイルをアップロード、作成、同期、または変更した場合、そのコンテンツにアクセスして検索し、高度な脅威対策ポリシーや情報漏えい対策ポリシーを適用します。

Azure RMSの詳細については、https://docs.microsoft.com/ja-jp/information-protection/を参照してください。