受信保護用のコネクタ、転送ルール、およびグループ

次の表に、Exchange Onlineの受信保護用のメールフローを実装するために作成されるコネクタ、転送ルール、およびグループを示します。

カテゴリ

項目

説明

転送ルール

TMCASドメインベースの受信保護

セキュリティ検索のために、指定したドメインのユーザ宛のメールメッセージをCloud App Securityにルーティングします。

TMCASユーザベースの受信保護

セキュリティ検索のために、指定したユーザ宛のメールメッセージをCloud App Securityにルーティングします。

指定したすべてのユーザがMicrosoft 365グループに追加されます。

TMCAS受信保護

TMCAS受信保護 - スパムフィルタをスキップ

Exchange Onlineのスパムフィルタをスキップします。これにより、Cloud App Securityから返されたメールメッセージがExchange Onlineメールサーバで誤ってスパムとしてフィルタ処理される事態を防ぎます。

TMCAS受信保護 - 迷惑メールフォルダに移動

Cloud App Securityによってメールメッセージに [迷惑メールフォルダに移動] 処理が適用された場合、そのメッセージが迷惑メールフォルダに移動されます。

コネクタ

TMCAS受信保護 - CASにルーティング

メールメッセージをCloud App Securityにルーティングします。

TMCAS受信保護 - CASから受信

Cloud App Securityからメールメッセージを受信します。

Microsoft 365グループ

TMCAS受信保護

ユーザベースの受信保護用の転送ルールを実装するために作成されるユーザグループです。

転送ルールのIPアドレスの範囲は、サイトにあるCloud App Securityサーバのアドレスとなります。

注:

受信保護が正しく機能し、メール配信が期待どおりに行われるようにするために、転送ルール、コネクタ、およびグループを変更しないでください。