Exchange Onlineのサービスアカウントを準備する

Cloud App Securityでは、OAuth 2.0を使用してExchange Onlineのサービスアカウント (認証アカウント) を準備できます。OAuth 2.0フレームワークでは、Cloud App Securityはアクセストークンを取得してグローバル管理者の代わりに制限付きアクセスを取得し、保護対象のメールボックス内のメールメッセージに対して、高度な脅威対策や情報漏えい対策の検索を実行します。

Cloud App Securityでは、Exchange Onlineの2つの保護モードを準備できます。モードごとに、別々のサービスアカウントを準備する必要があります。

保護モード

アカウントの準備

保護対象のメールボックスで受信したメッセージ、および保護対象のメールボックスから送信されたメッセージを検索する

Exchange Onlineの認証アカウントを準備する」を参照してください。

送信先への送信中のメッセージを検索する

要件に応じて、Exchange Onlineサービス向けの保護の種類のうちいずれか一方を準備することも、両方を準備することもできます。