Teamsチャットサービスアカウントを準備する

重要:

Teamsチャットメッセージのサブスクリプションには次のライセンスが必要です。

  • Office 365 E5

  • Office 365 A5

  • Microsoft 365 E5

  • Microsoft 365 A5

  • Microsoft 365の情報保護とガバナンス

  • Office 365 Advanced Compliance

この要件の適用後もCloud App SecurityによるTeamsチャットメッセージの保護を継続するために、上記のいずれかのライセンスを使用してTeamsチャットサービスアカウントを準備することをお勧めします。詳細については、Microsoftのドキュメントを参照してください。

Microsoft Teams (チャット) 用サービスアカウントを準備して、保護対象のプライベートチャットのメッセージおよびファイルに対し、高度な脅威対策や情報漏えい対策の検索をCloud App Securityで実行できるようにします。

重要:

Cloud App Securityは、Microsoft TeamsのTeamsサービスおよびチャットサービスを個別に保護します。

Cloud App Securityは、社員が他のユーザとのプライベートチャット (1対1または1対多) 内で送信したコンテンツとファイルを検索します。プライベートチャットファイルは、送信者のOneDriveフォルダに保存されます。

OneDriveサービスアカウントも準備した場合、ファイルを送信またはアップロードしたユーザがそれぞれポリシー対象として選択されているときには、Cloud App SecurityによってこのファイルにTeamsチャット用およびOneDrive用の対応するポリシーが適用されます。

次の手順では、[ダッシュボード] からTeamsチャット用サービスアカウントを準備する方法について説明します。

  1. Cloud App Security管理コンソールにログオンします。
  2. [Teamsチャット] の上にマウスを重ね、[準備] をクリックします。

    [Teamsチャットのサービスアカウントの準備] 画面が表示されます。

  3. 画面手順1の最後の [ここをクリック] をクリックします。

    Microsoftのサインイン画面が表示されます。

  4. Office 365グローバル管理者の認証情報を入力して、[サインイン] をクリックします。

    Microsoftの認証画面が表示されます。

  5. [承諾] をクリックして、Teamsチャット関連のサービスデータにアクセスするためのGraph APIの使用権限をCloud App Securityに付与します。
  6. Cloud App Security管理コンソールに戻り、[完了] をクリックします。

    Cloud App Securityにより、組織のTeamsチャットのデータが更新されます。所要時間はTeamsチャットのデータ量に応じて異なります。

  7. 管理コンソールの右上隅にあるベルアイコンの上にマウスを重ねます。

    [通知] 画面に「Teamsチャットは保護されています。」というメッセージが表示されたら、アカウントの準備は終了です。