OneDrive for Businessの認証アカウントを準備する

Cloud App Securityでは、OAuth 2.0を使用してOneDriveのサービスアカウント (認証アカウント) を準備できます。OAuth 2.0フレームワークでは、Cloud App Securityはアクセストークンを使用してグローバル管理者の代わりに制限付きアクセスを取得し、組織の保護対象のOneDriveサイト内のファイルに対して、高度な脅威対策や情報漏えい対策の検索を実行します。

次の手順では、[ダッシュボード] からOneDriveの認証アカウントを準備する方法について説明します。

  1. Cloud App Security管理コンソールにログオンします。
  2. [OneDrive] の上にマウスを重ね、[準備] をクリックします。

    [OneDriveのサービスアカウントの準備] 画面が表示されます。

  3. [認証アカウント] タブで、画面手順1の最後の [ここをクリック] をクリックします。

    Microsoftのサインイン画面が表示されます。

  4. Office 365グローバル管理者の認証情報を入力して、[サインイン] をクリックします。

    Microsoftの認証画面が表示されます。

  5. [承諾] をクリックして、指定したグローバル管理者に関連付けられているテナントのすべてのドメイン、ユーザ、およびグループにアクセスするためのGraph APIの使用権限をCloud App Securityに付与します。
  6. Cloud App Security管理コンソールに戻り、画面手順2の最後の [ここをクリック] をクリックします。

    Microsoftの認証画面が表示されます。

  7. [承諾] をクリックして、すべてのOneDriveサイトのリソースにアクセスするための権限をCloud App Securityに付与します。
  8. Cloud App Security管理コンソールに戻ります。

    次の手順のSharePoint管理センターでの権限の要求に使用されるOneDriveのアプリIDが、Cloud App Securityによって割り当てられます。画面からアプリIDをコピーして、手順9dの指示に従って貼り付けます。

    手順9を後で実行する場合は、[運用管理] > [サービスアカウント] の順に選択し、対応する認証アカウントの下でアプリIDを確認できます。

  9. 次の手順を実行して、OneDriveサイトのファイルが変更された際にMicrosoftから通知を受信するための権限をCloud App Securityに付与します。
    1. グローバル管理者アカウントを使用してMicrosoft 365管理センターにサインインします。
    2. 左側のナビゲーションで、[管理センター] > [SharePoint] の順に選択します。

      [SharePoint 管理センター] 画面が表示されます。

    3. アドレスバーで、SharePoint管理センターのURLを「{SharePoint管理サイト}/_layouts/15/AppInv.aspx」に変更します。たとえば、「https://example-admin.sharepoint.com/_layouts/15/online/AdminHome.aspx#/home」を「https://example-admin.sharepoint.com/_layouts/15/AppInv.aspx」に変更し、URLを開きます。
    4. 表示される画面で、手順8で割り当てられたアプリIDを [アプリ ID] に貼り付け、[参照] をクリックします。

      [タイトル] が自動的に入力されます。

    5. tmcas.trendmicro.com」をコピーして [アプリ ドメイン] に貼り付けます。
    6. [リダイレクト先のURL] に「{Cloud App Security_admin_site}/provision.html」と入力します。「{Cloud App Security_admin_site}」は、ご使用のサイトに基づいて指定してください。

      たとえば、ログオン後にアドレスバーに表示されるCloud App Security管理コンソールのURLが「https://admin-eu.tmcas.trendmicro.com」であれば、[リダイレクト先のURL] に「https://admin-eu.tmcas.trendmicro.com/provision.html」と入力します。

    7. [権限の要求 XML] に、次の情報をコピーして貼り付けます。
      <AppPermissionRequests AllowAppOnlyPolicy="true">
      <AppPermissionRequest Scope="http://sharepoint/content/tenant" Right="Manage" />
      </AppPermissionRequests>
    8. [作成] をクリックし、表示される画面で [信頼する] をクリックします。

      [SharePoint 管理センター] 画面が表示されます。

    9. SharePoint管理センターのURLを「{SharePoint管理サイト}/_layouts/15/TA_AllAppPrincipals.aspx」に変更し、URLを開いて権限を確認します。

      [Trend Micro Cloud App Security] の項目が表示されていれば、権限は正常に付与されています。

  10. Cloud App Security管理コンソールに戻り、[送信] をクリックします。

    Cloud App Securityにより、組織のOneDriveのデータが更新されます。所要時間はOneDriveのデータ量に応じて異なります。

  11. 管理コンソールの右上隅にあるベルアイコンの上にマウスを重ねます。

    [通知] 画面に「OneDriveは保護されています。」というメッセージが表示されたら、アカウントの準備は終了です。