MIPアカウントを追加する

Cloud App Security管理コンソールでMicrosoft Information Protection用のアカウントを準備するには、次のいずれかのライセンスを所有している必要があります。

  • Microsoft 365 E5/A5/G5/E3/A3/G3/F1/F3/Business Premium

  • Microsoft 365 E5/A5/G5/E3/A3/G3/F1/F3/Business Premium

  • Enterprise Mobility + Security E3/E5

  • Office 365 E5/A5/E3/A3/F3

  • Azure Information Protection Plan 1

  • Azure Information Protection Plan 2

次の手順では、Microsoft Information Protection用アカウントを準備する方法について説明します。

  1. Cloud App Security管理コンソールにログオンします。
  2. [運用管理] > [サービスアカウント] の順に選択します。
  3. [追加] をクリックして、サービスを準備する必要がある組織の上にマウスを重ね、右側に表示されたリストから [Microsoft Information Protection] を選択します。
    注:

    SharePoint Online、OneDrive、Teams、Exchange Onlineのうち少なくとも1つのサービス用にサービスアカウントを準備している場合にのみ、Microsoft Information Protectionがリストに表示されます。

    [Microsoft Information Protectionの準備] 画面が表示されます。

  4. 画面手順1で [ここをクリック] をクリックし、要求される場合はOffice 365グローバル管理者の資格情報を入力してサインインし、表示される画面で [同意する] をクリックします。
    注:

    お使いのMicrosoftライセンスにMicrosoft Information Protectionサービスプランが含まれていることを確認します。含まれていない場合は、Microsoft Information Protectionを準備できません。

  5. 管理コンソールに戻り、画面手順2の最後の [ここをクリック] をクリックして、表示される画面で [同意する] をクリックします。
    注:

    お使いのMicrosoftライセンスにRMSサービスプランが一切含まれていない場合、画面手順2は該当しません。画面手順3へ進んでください。

  6. 管理コンソールに戻り、画面手順3の最後の [ここをクリック] をクリックして、表示される画面で [同意する] をクリックします。
  7. 管理コンソールに戻り、画面手順4の最後の [ここをクリック] をクリックして、表示される画面で [同意する] をクリックします。
  8. 管理コンソールに戻り、[完了] をクリックします。
  9. 管理コンソールの右上隅にあるベルアイコンの上にマウスを重ねます。

    [通知] 画面に「Microsoft Information Protectionの準備は完了しています。」というメッセージが表示されたら、アカウントの準備は終了です。