Office 365サービス用アカウントの削除

ここでは、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive、Microsoft Teams (Teamsおよびチャット) を含む、Office 365サービス用アカウントを削除する方法について説明します。

次の手順では、Office 365サービス用アカウントを削除する方法について説明します。

  1. [運用管理] > [サービスアカウント] の順に選択します。
  2. (オプション) SharePoint Online、OneDrive、またはMicrosoft Teams (Teams) 用サービスアカウントを削除する場合は、対応するサービスアカウントの下にあるアプリIDを記録します。手順8で必要になる場合があります。
  3. Exchange OnlineのアカウントなどOffice 365サービス用アカウントを選択し、[削除] をクリックします。

    Exchange Onlineのサービスアカウントの削除には注意が必要です。Exchange Onlineのサービスアカウントを削除すると、Cloud App Securityでサポートされる [脅威調査][推奨調査]、および [脅威軽減] のオートメーションAPIが機能しなくなります。

  4. 表示される [<Office 365サービス名>サービスアカウントの削除] 画面で、[OK] をクリックします。

    サービスアカウントがデリゲート アカウントの場合、Cloud App Securityは選択したサービスアカウントの確認をOffice 365に要求します。

    • サービスアカウントが有効な場合は、次の手順に進みます。

    • サービスアカウントが無効な場合は、操作をキャンセルするか、Cloud App Securityで生成されたデータを指示に従って強制的に削除します。

    注:

    サービスアカウントの削除にはグローバル管理者の権限が必要です。

    使用しているアカウントに必要な権限がない場合は、グローバル管理者の認証情報を指示に従って指定し、[OK] をクリックします。

    Cloud App Securityにより、選択したサービスアカウントの削除が開始されます。

  5. [ステータス] 列の [詳細] リンクをクリックし、進行状況を確認します。

    [<Office 365サービス名>サービスアカウントの削除] 画面が表示され、すべての関連する手順、各手順のステータス、および推定残り時間が表示されます。

  6. 詳細情報を確認したら、[閉じる] をクリックして画面を閉じます。
  7. しばらくしてから画面表示を手動で更新します。
    • 正常に削除されたサービスアカウントは、[サービスアカウント] 画面に表示されなくなります。

    • Cloud App Securityによるサービスアカウントの削除に失敗した場合は、Cloud App Securityで生成されたデータを指示に従って強制的に削除できます。

  8. (SharePoint Online、OneDrive、およびMicrosoft Teams場合) 「{SharePoint管理サイト}/_layouts/15/TA_AllAppPrincipals.aspx」を開き、[Trend Micro Cloud App Security] という名前のアプリケーションと、削除するサービスに関連付けられた [アプリ ID] を見つけ、前方にある [x] をクリックします。

    各サービスの [アプリ ID] とは、対応する認証アカウントを準備する際に [アプリ ID] にコピーして貼り付けたIDです。アプリIDを忘れた場合は、手順2で記録した情報を参照してください。