シングルサインオンを設定する

Cloud App Security管理コンソールでシングルサインオンの設定を開始する前に、次のことを確認してください。

  • Exchange Online、SharePoint Online、またはOneDriveのサービスアカウントが準備できている。詳細については、Office 365サービス用アカウントの準備を参照してください。

  • Cloud App Securityのグローバル管理者として管理コンソールにログオンしている。

  1. [運用管理] > [シングルサインオン] の順に選択します。

    [シングルサインオン] 画面が表示されます。

  2. シングルサインオンの一般的な設定を行います。
    1. [SSOを有効にする] をオンにします。
    2. [IDプロバイダ] でIDプロバイダを選択します。
    3. サービスのURLを指定します。Azure AD、AD FS、またはOktaのいずれを設定しているかに応じて、次のように異なります。

      Azure AD

      • Azure AD Premiumエディション: ログインURL

      • Azure AD FreeまたはBasicエディション: SAML-Pサインオンエンドポイント

      AD FS

      https://example.com/adfs/ls

      Okta

      Identity Provider Single Sign-On URL

    4. アプリケーションIDを指定します。Azure AD、AD FS、またはOktaのいずれを設定しているかに応じて、次のように異なります。

      Azure AD

      • Azure AD Premiumエディション: アプリケーションID

      • Azure AD FreeまたはBasicエディション:アプリケーションID

      AD FS

      証明書利用者信頼の識別子

      Okta

      Identity Provider Issuer

    5. Oktaで記録したか、Azure ADの設定でダウンロードしたか、AD FSの設定でエクスポートしたBase-64エンコードX.509証明書ファイルを見つけ、その内容をコピーしてテキストボックスに貼り付けます。
  3. [保存] をクリックします。
    注:

    SSOを設定すると、Active DirectoryインフラストラクチャまたはOkta組織から追加した管理者は、自身のActive DirectoryまたはOktaのアカウント認証情報を使用して管理コンソールにシングルサインオンできます。ユーザを管理者として追加する方法の詳細については、管理者と役割を参照してください。