Azure AD FreeまたはBasicエディションを使用する

  1. Microsoft Azureのメインページで、[Azure Active Directory] をクリックします。初めて使用する場合は、[その他のサービス] をクリックして [Azure Active Directory] を見つけます。
  2. 左側のナビゲーションで、[エンタープライズ アプリケーション] > [新しいアプリケーション] の順に選択します。
  3. (オプション) [Azure AD ギャラリーの参照 (プレビュー)] 画面が表示されたら、[以前のアプリ ギャラリー エクスペリエンスに戻すには、こちらをクリックしてください。] をクリックします。
  4. [アプリケーションの追加] で、[開発中のアプリケーション] をクリックします。
  5. 表示される [独自のアプリケーションの追加] 領域で、[はい、[アプリの登録] に移動して新しいアプリケーションを登録します。] をクリックします。
  6. 表示される [アプリの登録] 画面で、[新規登録] をクリックします。
  7. 表示される [アプリケーションの登録] 画面で、次を指定します。
    • 名前:「Trend Micro Cloud App Security」などCloud App Securityの表示名。

    • サポートされているアカウントの種類:このアプリケーションを使用できる、またはこのAPIにアクセスできるアカウント。詳細については、[選択に関する詳細...] をクリックします。

    • リダイレクト URL: [Web] を選択してから、使用するサイトに基づいたCloud App SecurityのログオンページのURLを入力します。

      たとえば、ログオン後にアドレスバーに表示されるCloud App Security管理コンソールのURLが「https://admin-eu.tmcas.trendmicro.com」であれば、リダイレクトURLは「https://admin-eu.tmcas.trendmicro.com」です。

  8. [登録] をクリックします。

    新しく作成されたアプリケーションの [概要] 画面が表示されます。

  9. 次の情報を記録します。
    • アプリケーション (クライアント) ID。これはCloud App Security管理コンソールで [アプリケーションID] としても参照されます。

    • [エンドポイント] をクリックし、[SAML-P サインオン エンドポイント] を記録します。これはCloud App Security管理コンソールで [サービスURL] としても参照されます。