Azure Active Directoryを設定する

Azure Active Directory (Azure AD) は、マイクロソフトが提供する、マルチテナントに対応したクラウドベースのディレクトリとIDの管理サービスです。

ここではAzure ADをSAML (2.0) IDプロバイダとして設定し、Cloud App Securityで使用する方法について説明します。

Azure ADの設定を開始する前に、次のことを確認してください。

  • サインインプロセスを処理してCloud App Security管理コンソールに認証資格情報を提供する、Azure ADエディション (Free、Basic、またはPremium) の有効なライセンスを購入している。

  • Cloud App Securityのグローバル管理者として管理コンソールにログオンしている。詳細については、管理者と役割を参照してください。

  1. Azure ADの管理者アカウントを使用して、https://portal.azure.comからAzure管理ポータルにサインインします。
  2. Azure AD Premiumエディションを使用している場合は、Azure AD Premiumエディションを使用するを参照してください。

    Azure AD FreeまたはBasicエディションを使用している場合は、Azure AD FreeまたはBasicエディションを使用するを参照してください。