Teamsチャット向けのMicrosoftライセンスモデルを設定する

Microsoft Teams (チャット) に対して自前のアプリを準備したら、必要に応じてそのサービスのMicrosoftライセンスモデルを変更することができます。
注:

Azure ADで自前のアプリを作成せず、Teamsチャットを古い方法で準備した場合は、ライセンスモデルの設定機能を使用できません。

  1. [運用管理] > [グローバル設定] > [Teamsチャット保護モード] の順に選択します。
  2. 組織を選択します。
  3. (オプション) 現在のアプリに使用するシークレットを変更するか、別のアプリを使用する場合は、[シークレットのアップデートまたはアプリの変更] をクリックします。 この手順は準備と同じです。詳細については、Microsoft Teams用サービスアカウントの準備を参照してください。
  4. ライセンスモデルを変更します。
  5. [保存] をクリックします。