インライン保護

重要:

これは「プレリリース版」の機能であり、公式リリースとは見なされません。この機能を使用する前に、プレリリースに関する免責事項を確認してください。

Cloud App Securityでは、既存の保護メカニズムに加えてインライン保護がリリースされます。このモードでは、保護対象サービスへの到達前に脅威を検出して修復できます。このモードでは、トラフィックが送信先に到達する前にCloud App Securityを経由する必要があるため、Cloud App Securityによりリアルタイムで脅威を検出し、対策を講じることができます。

Cloud App Securityでは、受信と送信の双方向でExchange Onlineのインライン保護をサポートしています。

  • 受信保護: 組織外部から送信されたメッセージが組織内の保護対象メールボックスに届く前に、メッセージを検索します。

  • 送信保護: 組織内の保護対象メールボックスから送信されたメッセージが組織外部の送信先に届く前に、メッセージを検索します。

Exchange Onlineのインライン保護を使用する方法を以下に示します。

注:

次の表に記載されていない機能は、今後のリリースでサポートされる予定です。

処理

説明

準備

Exchange Online (インラインモード) の認証アカウントを準備するを参照してください。

ポリシーを設定する

受信保護と送信保護のポリシーは個別に設定できます。

詳細については、高度な脅威対策ポリシーの追加および情報漏えい対策ポリシーを追加するを参照してください。

隔離の管理

[隔離] 画面で、サービスタイプとして [Exchange Online (インラインモード)] を選択します。

注:

インライン保護の場合、Cloud App Securityは自身のストレージにメッセージを隔離します。

クエリログ

ログとレポートを参照してください。

グローバル設定を設定する

インライン保護をオフにするには、インライン保護をオフにするを参照してください。

送信者アドレスの一致を設定するには、送信者アドレスの一致を設定するを参照してください。

削除

Office 365サービス用アカウントの削除を参照してください。