機能と利点

機能

説明

コンプライアンスデータのコントロール

  • 保護するアプリケーションやサービス内の指定した対象に、細かい設定でセキュリティポリシーをリアルタイムまたは手動で適用できます。

  • 保護するアプリケーションやサービス内に存在する機密情報のセキュリティを維持し、コンプライアンスを実施してプライバシー標準を確立できます。

潜在的な脅威と高度な攻撃の検出

  • 保護するアプリケーションやサービスそれぞれの脅威対策を強化することでゼロデイ攻撃を未然に防ぎ、PDFドキュメントやOffice文書などに潜む不正コードを検出します。

  • スパムメール対策エンジンおよびWriting Style DNA技術と連携してヒューリスティックポリシーを適用し、詐欺サイト、ビジネスメール詐欺 (BEC)、ランサムウェア、フィッシング、およびその他の高度な攻撃からメールサービスユーザを保護するとともに、BEC攻撃の標的になりやすい高プロファイルユーザと内部ドメインを指定してより詳細なメッセージ検索を実行できます。

  • 機械学習型検索エンジンを統合し、高度なファイル機能分析を通じて、まだ特定されていない未知の新しい脅威からネットワークを保護します。

  • 膨大な脅威インテリジェンスを使用して、クラウドアプリケーションやサービス内のメール本文、添付ファイル、プライベートTeamsチャットメッセージ、ファイル、およびSalesforceオブジェクトレコードに潜むURLを検出およびブロックすることで、不正プログラム、フィッシング、およびその他の不正な攻撃を防御します。

  • ドキュメントエクスプロイト検出エンジンとクラウドサンドボックス技術を使用して、標的型攻撃を検出します。

  • メール添付ファイルやファイルを積極的に検索することで潜在的な不正プログラムを検出し、危険なファイルを仮想クラウドサンドボックス環境 (仮想アナライザ) で解析します。

スケーラブルな高性能アーキテクチャ

  • 保護するアプリケーションやサービスを直接統合することで、ユーザの操作性と管理機能を維持します。

  • API連携により、ネットワークの追加設定やトラフィックのルーティング経路変更が不要になります。

  • クラウドアプリケーションプロバイダ (マイクロソフト、Box、Dropbox、Google、およびSalesforce) のAPIを使用したクラウド間での統合により、高いパフォーマンスとスケーラビリティを実現します。

保護するアプリケーションやサービスに合わせた最適化

  • 保護するアプリケーションやサービスそれぞれのサービスアカウントを使用した迅速な設定が可能です。

  • Office 365サービスのMicrosoft Azure Rights Management (Azure RMS) で保護されたファイルのアクセスと検索により、組織の内部および外部で安全に機密情報を共有できます。

  • Box、Dropbox、Googleドライブ、Gmail、およびSalesforceのAPIを使用してクラウド環境をシームレスにリアルタイムおよび手動で保護するとともに、それらのWebフックを利用してユーザアカウントの変更を監視します。

    注:

    Web関連の技術におけるWebフックとは、カスタムコールバックを利用してWebページやWebアプリケーションの動作を拡張したり変更したりする機能です。