Root Cause Analysisのアイコン

分析チェーンでは、次のアイコンを使用してオブジェクトの種類が表示されます。

アイコン

名前

説明

最初に確認されたオブジェクト

一致するオブジェクトを作成した可能性が最も高いオブジェクトを表します

一致条件

調査条件に一致するオブジェクトを表します

通常のオブジェクト

脅威をもたらさないことが確認されたオブジェクトを表します

これらは通常、一般的なシステムファイルです。

未評価のオブジェクト

まだ評価されていないオブジェクトを表します

不審オブジェクト

既知の脅威に類似する挙動を示すオブジェクトを表します

不正なオブジェクト

既知の脅威に一致するオブジェクトを表します

システム領域感染型ウイルス

システムのスタートアップ時に起動するオブジェクトです

ブラウザ

Webページを表示する機能を備えたオブジェクトです。これは通常、Webブラウザです

メールクライアント

メールメッセージを送受信できるオブジェクトです。これは通常、メールクライアントまたはサーバです

メールメッセージ

Cloud App Security統合のメールの関連付け機能を使用して特定されたオブジェクトです

ファイル

ディスク上のファイルであるオブジェクトです

ネットワーク

ネットワーク接続またはインターネットに関連するオブジェクトです

プロセス

実行時のプロセスであるオブジェクトです

レジストリ

レジストリキー、エントリ、またはデータであるオブジェクトです

イベント

オブジェクトにより実行されたアクションを示します

関連付け

2つのオブジェクト間の関係を示します