予約調査

予約調査は、一定の間隔で自動的に実行されるように設定されている調査です。

予約調査の結果を確認し、進行状況を監視するには、レスポンス > ライブ調査に移動し、[予約調査] タブをクリックします。

次の表は、確認可能な詳細を示しています。

説明

有効

調査の現在の状態を示します。

名前

調査を識別するユーザ指定の名前を示します。

クリックすると、[予約タスクの履歴] 画面が開きます。

方法

調査で使用された方法を示します。

条件

OpenIOCファイルのファイル名を示します。

ユーザ指定のレジストリ値を示します。

対象エンドポイント

調査対象として選択したエンドポイントの総数を示します。

クリックすると、選択したエンドポイントの詳細が表示されます。

注:

[対象エンドポイント] 画面には、調査対象として選択されたエンドポイントがすべて表示されるとは限りません。表示されるのは、そのユーザが十分なアクセス権を付与されているエンドポイントのみです。

頻度

スケジュール期間内に調査を繰り返す頻度を示します。

最新の調査

最新の調査が開始された日時を示します。

前回の経過時間

最新の調査が開始されてからの経過時間を示します。

前回の一致したエンドポイント

最新の調査で指定した条件に一致するオブジェクトを含むエンドポイントの数を示します。

作成者

調査を作成したユーザを示します。

新しく調査を開始するには、[新しい調査] をクリックします。

[削除] をクリックすると、調査は停止され、リストから削除されます。削除された調査は復元できません。

注:

OpenIOCファイルを削除すると、削除されたOpenIOCファイルを使用する予約調査は自動的に無効になります。