Connected Threat Defenseの統合

次の図は、Apex Centralの基本的なConnected Threat Defenseアーキテクチャの概要を示しています。

次の手順を実行して、Apex CentralでConnected Threat Defense機能を有効にします。

  1. 使用するConnected Threat Defense機能の追加ライセンス (ある場合) をアクティベートします。

    有効なApex Centralライセンスの他に、以下のものに対する追加のライセンスが必要になる場合があります。

    • Apex One: Sandbox as a Service

    • Apex One: Endpoint Sensor

    詳細については、機能要件を参照してください。

  2. Apex Centralによって、サンプルの送信が自動的に設定されます。
  3. 不審オブジェクトリストを同期します。

    詳細については、配信を設定するを参照してください。

  4. 不審オブジェクトを検出し、影響診断を実行します。 詳細については、脅威の兆候に対する予防的対策を参照してください。