セキュリティエージェントのインストールパッケージをダウンロードする

[ セキュリティエージェントのダウンロード 画面を使用して、WindowsまたはMacエンドポイント用のスタンドアロンのApex One セキュリティエージェント インストールパッケージを作成およびダウンロードします。 セキュリティエージェント インストールパッケージを直接ダウンロードしてインストールすることも、ユーザに送信して セキュリティエージェント インストールパッケージを対象エンドポイントに直接ダウンロードするためのURLを取得することもできます。

注:
  • スタンドアロンインストールパッケージには、ローカルインストールに必要なすべてのコンポーネントが含まれており、インターネット接続は必要ありません。

  • インターネットから セキュリティエージェント パッケージをダウンロードしてインストールする前に、Webインストーラが競合するアプリケーションをチェックし、システム要件を確認します。

    詳細については、Apex OneセキュリティエージェントWebインストーラを使用するを参照してください。

表 1. インストール前の設定

セキュリティエージェント

設定

Apex One

Apex Oneセキュリティエージェントをインストールする前に、次の操作を行います。

  • 初期設定のApex Oneセキュリティエージェントのアンロードおよびアンインストールパスワードを変更します。

  • エンドポイントがポート80~443経由で通信できるようにします。

  • エンドポイントが*.trendmicro.comにアクセスできるようにします。

  • 必要に応じて、Apex Oneセキュリティエージェントのプロキシサーバ設定を行います。

詳細については、セキュリティエージェントシステム要件を参照してください。

Apex One (Mac)

Apex One (Mac) セキュリティエージェントをインストールする前に、次の操作を行います。

  • エンドポイントがポート443経由で通信できるようにします。

  • エンドポイントが*.trendmicro.comにアクセスできるようにします。

  • 必要に応じて、Apex Oneセキュリティエージェントのプロキシサーバ設定を行います。

詳細については、Apex One (Mac) セキュリティエージェントのインストールを参照してください。

  1. 運用管理 > セキュリティエージェントのダウンロード に移動します。
  2. オペレーティングシステムを選択します。
    • Windows 64ビット: Apex One セキュリティエージェント用の64ビットMSIインストールパッケージを作成する場合に選択します。

    • Windows 32ビット: Apex One セキュリティエージェント用の32ビットMSIインストールパッケージを作成する場合に選択します。

    • Mac: Apex One (Mac) セキュリティエージェント用の a ZIPインストールパッケージを作成する場合に選択します。

  3. Windows 64ビットまたはWindows 32ビットのApex One セキュリティエージェントの場合は、インストールモード を選択します。
    • フル機能: すべての機能を備えた標準のApex Oneセキュリティエージェントをインストールします。

    • 限定機能: 限定機能モードのApex Oneセキュリティエージェントでは、Apex Oneの一部の機能のみが提供されます。ただし、任意のエンドポイントセキュリティソフトウェアを実行しているサポート対象のWindowsエンドポイントとは互換性があります。

      ヒント:

      エージェントを限定機能モードで利用することで、エンドポイントでサードパーティのセキュリティソフトウェアと機能の衝突を避けられる場合があります。なお、特定のソフトウェアとの共存利用は推奨していません。また、いずれのソフトウェアでも動作保証は行っていません。

  4. パッケージの種類として[ スタンドアロン ]を選択します(プロンプトが表示された場合)。
    注:

    共存モード[ Apex One セキュリティエージェント]を選択した場合は、パッケージの種類を選択する必要はありません。

  5. 選択したインストールパッケージの種類に対応する管理下の製品のサーバが複数ある場合は、サーバ ドロップダウンを使用して、セキュリティエージェントから報告を受けるサーバを選択します。
    注:

    管理下の製品のサーバが1つしかない場合は、管理下の製品のサーバ名のみが表示されます。

  6. 次のいずれかの配信オプションをクリックします。
    • インストーラのダウンロードセキュリティエージェント インストールパッケージのコピーをダウンロードします。このパッケージは、ローカルにインストールすることも、後で対象エンドポイントに配信することもできます。

    • ダウンロードリンクの取得: 対象エンドポイントでセキュリティエージェントを直接インストールするためにユーザに送信できるURLを表示します。

    注:

    Apex Oneサーバの場合、Apex Oneセキュリティエージェントパッケージでは、セキュリティエージェントパッケージツールが最後に実行されたときに生成された設定が適用されます。