通信タイムアウトの設定

[管理対象製品の接続ステータスの間隔] の設定は、エージェントがApex Centralサーバに接続ステータスを送信する頻度を決定します。

  • [管理対象製品の接続ステータスの間隔] の設定は、Apex Central管理コンソールを使用してApex Centralサーバに登録されている管理対象製品にのみ適用されます。

  • 接続ステータスの間隔が長いと、消費する帯域幅は減少しますが、Apex Centralが通信ステータスをアップデートする前に発生するネットワークイベントが増加します。

  • 接続ステータスの実行間隔を短く設定すると、消費する帯域幅は増加しますが、より新しいネットワークステータスが表示されるようになります。

[コマンドのタイムアウト設定] は、Apex Central が管理下のサーバにコマンドの送信を試行する時間を決定します。

  1. [運用管理] > [管理下のサーバ] > [通信タイムアウトの設定] に移動します。

    [通信タイムアウトの設定] 画面が表示されます。

  2. [管理対象製品の接続ステータスの間隔] セクションで、次の項目を設定します。
    • 管理対象製品のステータスをレポートする間隔: エージェントの通信接続ステータスの間隔を定義します。

      値は5~480分の範囲で指定します。

    • 無通信状態が次の時間続いた場合はステータスを異常として設定する: エージェントの通信タイムアウトの間隔を定義します。

      値は15~1440分の範囲で指定します。

    重要:

    [無通信状態が次の時間続いた場合はステータスを異常として設定する] には、[管理対象製品のステータスをレポートする間隔] の3倍以上の値を指定してください。

  3. [コマンドのタイムアウト設定] セクションで、次のいずれかを選択します。
    • 24時間

    • 48時間

    • 72時間

  4. [保存] をクリックします。