トラブルシューティングを設定する

  1. 運用管理 > 設定 > トラブルシューティングの設定 に移動します。

    トラブルシューティングの設定 画面が表示されます。

  2. [ セキュリティエージェント ]セクションで、必要な設定を有効にします。

    設定

    考えられる修復処理

    テクニカルサポートがトラブルシューティングの目的でデバッグログを有効にし、以下のデータを収集できるようにします。

    Windowsエンドポイントの場合:

    • デバッグログを有効にし、セキュリティエージェントプログラムからデバッグログを収集する

    • Windowsイベントログおよびパフォーマンスカウンタデータを収集する

    Macエンドポイントの場合:

    • デバッグログを有効にし、セキュリティエージェントプログラムからデバッグログを収集する

    • システム情報、カーネルダンプ、クラッシュ情報、システムプロファイラデータ、およびセキュリティエージェント設定ファイル (.plist)

    テクニカルサポートがセキュリティエージェントプログラムのトラブルシューティング処理をリモートからプロアクティブに実行できるように許可する

    注:

    テクニカルサポートにリモート処理を許可するには、テクニカルサポートがトラブルシューティングの目的でデバッグログを有効にし、以下のデータを収集できるようにします。 を有効にする必要があります。

    • セキュリティエージェントファイルと置き換えるためにHotFixを配信する

    • 以下のセキュリティエージェントの設定を変更する

      • 設定ファイル内の設定 (INIまたはPLISTファイル)

      • レジストリキー

        • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\TrendMicro

        • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro

    • セキュリティエージェントプログラムをリロードする

      • セキュリティエージェントサービスを停止し再起動する

      • セキュリティエージェントプロセスを強制的に停止する

  3. サーバ のセクションでは、 テクニカルサポートが診断やトラブルシューティングの目的でApex One as a Serviceサーバのコンソールにアクセスできるように許可する のトラブルシューティングを行うためのサービスサーバのコンソールApex One as a Serviceへのアクセスを許可できます。
  4. 保存 をクリックします。