情報漏えい対策について

情報漏えい対策は、組織の機密情報や機密データ (デジタル資産と呼ばれます) を不慮の漏えいや意図的な盗用から保護します。情報漏えい対策を使用すると、次のことを実行できます。

  • 保護するデジタル資産の特定

  • メールや外部デバイスなどの共通のチャネルを介したデジタル資産の転送を制限または防止するポリシーを作成します。

  • 制定されたプライバシー標準へのコンプライアンスの実施

情報漏えい対策は、ポリシーに定義されたルールセットに基づいてデータを評価します。ポリシーによって、不正な転送から保護する必要があるデータが判別され、転送の検出時に情報漏えい対策が実行する処理が決定されます。

重要:

管理下の各製品にはそれぞれ異なるポリシー設定があり、管理者はこれを指定してポリシーの対象に配信できます。サポートされている管理下の製品とそれぞれのポリシー設定の一覧については、Apex Central as a Serviceウィジェットおよびポリシー管理ガイドで確認できます。

このガイドをオンラインで表示するには、次のリンクを使用します。

https://docs.trendmicro.com/ja-jp/enterprise/apex-central-as-a-service-widget-and-policy-management-guide/preface-wpg-.aspx