ユーザのセキュリティの脅威

ユーザ (アカウント) 情報画面の 脅威 タブでは、選択したユーザに割り当てられているエンドポイントで検出されたすべてのセキュリティの脅威を確認できます。

この画面には、 Apex Central コンソールの [ダッシュボード] > [概要] タブにある次のウィジェットからアクセスできます。

  • 重大な脅威: [重要なエンドポイント] 列または [その他のエンドポイント] 列の数字をクリックしてから、表示するユーザをクリックします。

  • 脅威にさらされているユーザ: 表示するユーザの [脅威] 列の数字をクリックします。

  • 脅威にさらされているエンドポイント: 表示するエンドポイントの [脅威] 列の数字をクリックします。

  • セキュリティの脅威の時間別推移: 検出時刻、および割り当てエンドポイントとユーザのアカウントのどちらで検出されたかに基づいて、脅威に関する情報がグラフィカルに表示されます。

    • 脅威のアイコン ( など) にマウスを重ねると、検出の詳細を確認できます。

    • 表示される時間間隔を変更するには、[ズーム] の値を変更します。

    • 終了日を変更するには、グラフの下に表示される日付をスクロールします。

    • フィルタを適用するには、漏斗アイコン () をクリックし、以下の条件を選択します。詳細フィルタを作成するには [OR] または [AND] 演算子を使用します。

      • 脅威の種類: 2番目のドロップダウンリストから脅威のカテゴリを選択します。

      • セキュリティの脅威: 不正プログラム名または不審なURL、IPアドレス、または送信者のメールアドレスを入力します。

      • 脅威のステータス: [製品による解決][処理が必要です]、または [手動による解決] を選択します。

  • セキュリティの脅威の詳細: [セキュリティの脅威の時間別推移] グラフに表示された脅威に関する詳細情報が示されます。

    • [セキュリティの脅威] 列の値をクリックすると、[影響を受けたユーザ] 画面が表示されます。

      詳細については、影響を受けたユーザを参照してください。

    • [詳細] 列の [表示] リンクをクリックすると、詳細を確認できます。

    • [脅威のステータス] 列のフラグアイコン () をクリックすると、脅威のステータスが変更されます。

      注:

      脅威のステータスを変更しても、その脅威は実際には解決していません。脅威のステータスは、識別された脅威を管理者が追跡したり、他の管理者に脅威が解決したことを示したりするためのものです。

      脅威のステータス

      説明

      製品による解決 ()

      脅威が管理下の製品によって解決されたことを示します。

      注:

      この脅威のステータスは変更できません。

      処理が必要です ()

      修復が必要であることを示します。

      [処理が必要です] アイコン () をクリックすると、脅威のステータスが [手動による解決] () に変化します。

      手動による解決 ()

      管理者によって修復されたことを示します。

      [製品による解決] アイコン () をクリックすると、脅威のステータスが [処理が必要です] () に変化します。