影響を受けたユーザ

[セキュリティの脅威] 画面の [影響を受けたユーザ] タブを使用すると、ネットワーク全体で特定の脅威の対象となったユーザを確認できます。

  • [影響を受けたユーザ] タブには、[ユーザ] または [エンドポイント] 情報画面から表内のセキュリティの脅威名をクリックするとアクセスできます。

    詳細については、ユーザのセキュリティの脅威またはエンドポイントのセキュリティの脅威を参照してください。

  • [脅威の検出] ビューの [重大な脅威] ダッシュボードウィジェットからも、[影響を受けたユーザ] タブにアクセスできます。[影響を受けたユーザ] タブにアクセスし、Root Cause Analysisを自動的に開始するには、特定の脅威の検出のハイパーリンクをクリックします。

    詳細については、重大な脅威のウィジェットを参照してください。

  • 影響を受けた一意のユーザ数の時間別推移: 脅威の影響を受けたユーザと検出時間がグラフィカルに表示されます。

    • ユーザアイコンにマウスを重ねて、この特定の脅威の影響を受けるすべてのユーザと、環境内でのその脅威の検出履歴を確認します。

      • 最近の検出: 検索中に行われた脅威の検出

      • 前回未検出: ログデータの影響分析中に行われた脅威の検出

    • 表示される時間間隔を変更するには、[ズーム] の値を変更します。

    • 終了日を変更するには、グラフの下に表示される日付をスクロールします。

  • 詳細: [影響を受けた一意のユーザ数の時間別推移] グラフに表示された脅威に関する詳細情報が示されます。